機動戦士ガンダムU.C.で英語学習

ガンダムUC エピソード1

Marida!

Let’s go back.
You have your position to consider.

If you understood my position, you’d know I can’t do that.

I know what you’re trying is futile.

We can’t handle Laplace's Box right now.
Whatever it is, it will simply be used by Full Frontal to start a meaningless war,
which will bring nothing but more separating.
You understand that, don’t you?

I don’t.
I understand that I have orders to follow.

That’s a lie.
You weren’t given your powers for this.
You know very well that--

I’m sorry.

Danger! Danger!

Give me your hand.
Come on.

Hurry!

ミネバ 「マリーダ……!」
マリーダ 「帰りましょう。ご自分のお立場をお考えになられ――」
ミネバ 「立場を考えればこそ、ここへ来たのです」
マリーダ 「無駄なことはおやめ下さい」
ミネバ 「いまの私たちに、『ラプラスの箱』は使いこなせません」
「それがどのようなものであっても、フル・フロンタルに利用され、無用な争いの火種となるだけです。あなたら分かるでしょう?」
マリーダ 「分かりません。私は命令に従うだけです」
ミネバ 「嘘。あなたに与えられた力は、本来こんなことの……」
マリーダ 「ご無礼を」
ハロ 「キケン! キケン!」
アレク 「……っ」
ベッソン 「……!」
バナージ 「手を……」
 造成ユニット 通路
ミネバ 「……!」
バナージ 「てぇっ!」
ベッソン 「ぐあっ!」
アレク 「ふぬっ」
バナージ 「てやぁ!」
アレク 「おぁっ!」
ミネバ 「急いで!」
バナージ 「え!?」
「くっ……えぇぃ!!」
「はぁ……はぁ……はぁ……」

Why did they…

My name…
Sorry, I was only gonna say I never told you my name.

It’s Banagher.
Your pet called out your name after we crashed.

Banagher. Go, Banagher! Go, Banagher!

Yeah, so I’m Banagher Links.

And, I'm...
My name is Audrey.
Audrey… Burne.

Audrey?
This is Haro.
It's a replica of the robot mascot built by an ace pilot back during the war.
It was the coolest thing ever when we were kids.

I wouldn’t know what most kids liked…

What do you mean?

Well, when I grew up, we were always on the move.
I was brought up like a nomad…

Yeah, that sounds a lot like me.

ミネバ 「どうして――」
バナージ 「名前」
ミネバ 「えっ」
バナージ 「ごめん、名前言ってなかった。おれは――」
ミネバ 「バナージ」
バナージ 「えっ」
ミネバ 「この子が呼んでたから」
ハロ 「バナージ、ガンバレ。バナージ」
バナージ 「そう、バナージ・リンクス」
ミネバ 「私は……オードリー。オードリー・バーン」
バナージ 「オードリー」
「こいつはハロ。知らない? 大戦中のエースパイロットが作った、マスコットロボットのレプリカ。子供の頃、流行ったろ?」
ミネバ 「私、田舎に住んでいたから……」
バナージ 「田舎って……」
ミネバ 「というより、根無し草ね」
「そういうふうに生まれついてしまったの」
バナージ 「なら、おれと同じだ」
ミネバ 「え……?」

Man! Look at those rails!

They go up so high!

Whoa! Check out that framework!

Come on Micott, take a look! It’s really cool.

Yeah, right down there!

Guess Banagher never showed, huh?

That Petit MS that crashed on our school campus,
I hope that wasn’t him.

He didn't crash, that was a forced landing.
We don’t know why he did it, so we shouldn’t be spreading rumors about him.
If he gets kicked out of school, he’s gonna be living on the streets.
It’s not like he has a home to go back to.

Banagher?!
Who's that girl he’s with?

タクヤ 「うひょー! すげえレール!」
エスタ 「うっそ、高ぁ〜い!」
マルコ 「うほっ、あの鉄骨ありえねえ!」
エスタ 「見てみなよミコット、凄いから」
ミコット 「……」
タクヤ 「バナージ、来てなかったな」
ミコット 「うん……うちの校庭に墜落したっていうプチモビ、やっぱりそうなのかな」
タクヤ 「墜落じゃなくて不時着。なんでそんなことしたのかわからねえけど、下手なこと言わねえ方がいい」
ミコット 「え?」
タクヤ 「退学なんてことになったら目も当てらんないからな。あいつ帰る家がないんだから」
ミコット 「……バナージ!?」
「誰よ、あの女」

Those people who are after you, what’s up with them?

I ran away. They’re supposed to bring me back.
They're not trying to hurt us.

You some kind of political activist or something?
Well you know, one of those anti-Federation, the ones seeking independence for the Spacenoids or whatever?

Kinda… Only scarier…

You said you wanted to prevent a war, didn’t you?
The walls of the colony grow as more and more foundation blocks are added.

Amazing…
The world itself is growing…

バナージ 「君を追ってた連中、何なの?」
ミネバ 「仲間よ」
「私、逃げ出してきたの」
バナージ 「活動家か何か? その……反連邦とか、スペースノイドの自治独立とか、そういう……」
ミネバ 「そうね……でも、もっと怖いかも」
バナージ 「戦争を止めたいって言ってたよね。君は……」
 ―――――――
バナージ 「新しい地盤ブロックが継ぎ足されて、コロニーの外壁が拡張しているんだ」
ミネバ 「すごい……世界が広がっていく……!」

Sir, we picked something up on lift 2's surveillance camera.

What is she doing there?

I don't know, sir.
I received a report that earlier this morning, someone snuck into the service route to the artificial sun, but I never would have imagined.

Have you heard anything from the Sleeves?

No, sir.

So she is acting on her own.

This may interfere with the Box's delivery.
I still believe that as the head of the Vist Foundation, your meeting with the Sleeves in person is ill-advised.

And what do you have on this boy she is with?

Ah yes, sir. He is with her.
He looks a little young to be a bodyguard.

ガエル 「ご当主。たった今、リフトの第2監視カメラが捉えました」
カーディアス 「……! なぜ、彼女が」
ガエル 「わかりません。未明に人口太陽のサービスルートへ侵入者があったとの報告は受けておりますが、よもや……」
カーディアス 「"袖付き"からの連絡は?」
ガエル 「何も」
カーディアス 「独断ということか……」
ガエル 「『箱』の引き渡しに支障をきたす恐れがあります。ビスト財団の当主ともあろうあなたが、"袖付き"の連中と直接お会いになること自体……」
カーディアス 「この……少年は?」
ガエル 「は、同行者のようです。警護にしては若い気も致しますが」
カーディアス 「…………」